Event is FINISHED

「超小型衛星利用シンポジウム」2019年3月18日(月)9時-18時20分/3月19日(火)9時‐13時

Description

超小型衛星利用シンポジウム


パンフレット(概要等)PDF
パンフレット(スケジュール)PDF

プログラム(3/18)PDF
プログラム(3/19)PDF

超小型衛星の技術とともにその利用・活用は急速な発展を遂げており,欧米では宇宙機関を中心として政府資金の投資により推進プログラムが整備されつつあり、そこで力をつけた民間企業や大学がさらに民間のリスクマネーを取り入れ、ビジネス展開や政府へのサービス提供を図るというエコシステムが構築されつつあります。一方、世界で始めての1kg衛星を打ち上げた日本では、大学やベンチャーが科研費的な競争的資金や民間のファンドを利用した活動を行っているものの、政府による継続的かつ戦略的な投資がほとんどなく、このままでは彼我の差は開くばかりであります。この問題を解決するためには、日本でも超小型衛星の技術サイドと利用サイドの強いコミュニティを作り、その連携により、優れたミッションが超小型衛星でも可能であることを政府はじめ関連機関に示していくことが必須であると考えています。

本シンポジウムでは、欧米で超小型衛星が有効に利用されつつある宇宙科学・探査、地球観測分野における超小型衛星(探査機含む)ミッションの可能性を探ることを目的とします。超小型衛星の技術サイドからはどんな機能を提供できるかを、利用コミュニティからは超小型衛星を活用したミッションのアイデアを紹介してもらい、それを受けてどんなミッションが効果的に実現できるかの検討を行うとともに、今後それを進めるにはどのような戦略をとればよいかを議論したいと考えています。また、そこにはICT(AIデータ処理など含む)や通信のような基幹となるインフラも必要であり、その戦術を立てることも重要でしょう。

超小型衛星・探査機の技術サイドと宇宙科学・探査、地球観測分野の多くの方に参加いただき、特にミッション案を持っておられる方にはその紹介をお願いしたいと考えています。  

日本における超小型衛星・探査機分野の強固な技術・利用コミュニティを作っていく大きなステップになることを期待しています。

シンポジウム委員長 中須賀真一(東京大学)


<開催概要>

主催:東京大学国際オープンイノベーション機構
後援:内閣府宇宙開発戦略推進事務局/経済産業省/総務省/文部科学省/JAXA
東京大学宇宙惑星科学機構/神戸大学惑星科学研究センター/
NPO法人 大学宇宙工学コンソーシアム (UNISEC-Japan)/UNISEC-Global
協賛:日本航空宇宙学会

日時:2日間(2019年3月18日‐19日)

・1日目:2019年3月18日(月)午前9時-18時20分
 ※18時30分から交流会(交流会は有料、事前にお申込ください。)

・2日目:2019年3月19日(火)午前9時‐13時

場所:東京大学工学部2号館213号室(地図参照、2号館地下にあります)

地図:http://aviation.u-tokyo.ac.jp/eventfile/20150702SympoFlyer_map.pdf

参加について:シンポジウム参加費・無料
   (参加費は無料ですが、こちらの申込フォームより申込の手続きが必要です。)

※3月15日(金)夕方以降にお申込の方は、受付名簿にご氏名が記載されていない可能性があります。(事務手続きの都合上、申し訳ございません。)ご入力いただいたお申込事項は、事務局にて確認することが出来ております。当日は、ご氏名と事前のお申込が済んでいる旨、受付にてお伝えください。

※交流会(初日:3月18日)への事前申込は、3月17日(日)午後5時に締め切らせていただきます。それまでにお申込/お支払い済みの方は、事前申込の参加費(3,500円)でのご参加が可能です。恐れ入りますが、それ以降は当日の参加費(4,000円)でのご参加となりますので、会場にて直接お申込ください。

※当日ご来場の際には【名刺・2枚】を、受付にご提出ください。(1枚を名札用に、もう1枚を受付確認用として、使用させていただく予定です。)受付後に名札を受け取り、ご入場ください。


・交流会への事前申込:
 交流会にご参加の場合は、
「交流会+シンポジウム参加チケット」をご購入下さい。(交流会:3,500円)
 *支払方法について「コンビニ支払」をご選択の場合、万が一キャンセルなさる場合は、
 払戻手数料として500円を差し引かせていただきますので、ご了承ください。
    
・交流会への当日申込:
 交流会に、当日申込でのご参加の場合、参加費は4,000円となります。
 当日会場にて参加費をお支払いください。(交流会への当日参加費:4,000円)

・発表者としてのご参加をご希望の場合(発表申込の受付は終了しました)
 申込フォームの「チケットを申し込む」から「発表参加の申込(無料)※ シンポジウムに発表者として参加の方( 申込フォームにて題目等を入力してください。)」を選択してください。
 選択後、申込時の入力事項のページにて、題目等をご入力いただけます。


お問い合わせ:
ご質問などは、Peatixメッセージ機能、もしくは info@nanosatuse2019.opensense. jp までご連絡ください。
(お問い合わせ内容と共に、ご氏名・ご所属をメッセージにてお知らせください。)


<スケジュール>
※スケジュールの詳細は、一部変更となる場合があります。

プログラム(3/18)PDF
プログラム(3/19)PDF

【1日目:3月18日(月)】  

8:30~ 受付    
 
9:00~ 開会の挨拶、趣旨説明    
9:00~9:05  中須賀 真一 (東京大学) 
9:05~9:10  上條 健 (東京大学国際オープンイノベーション機構)

9:10~ 超小型宇宙科学・探査ミッション(その1)    
9:10~9:25 「多数の小天体探査・系外惑星科学への展開」亀田 真吾 (立教大学)
9:25~9:40 「超小型衛星と超小型X線撮像分光装置による多様な天文・ 探査計画」江副 祐一郎 (首都大学東京)
9:40~9:55 「超小型テラヘルツ探査機Terex-1」笠井 康子 (NICT)
9:55~10:10 「宇宙理学の国際ミッションを超小型探査機が担う:ESA's Fast mission」 笠原 慧 (東京大学)
10:10~10:25 「The MILO Institute: Affordable Access to Space Science」 Chris Baran (GEOshare)
10:25~10:40 「超小型衛星用推進系の世界動向とこれからのビジョン」小泉 宏之 (東京大学)

10:40~ 休憩    
       
10:55~ 超小型宇宙科学・探査ミッション(その2)    
10:55~11:10 「センサーから見た超小型衛星の宇宙物理学分野での活用」上野 宗孝 (神戸大学)
11:10~11:25 「重力波天文学や時間軸天文学に向けたスケーラブルな超小型X線衛 星」榎戸 輝揚 (京都大学)
11:25~11:40 「超小型衛星による広視野全天X線モニターの検討」玉川 徹 (理化学研究所)
11:40~11:55 「突発天体探査のための超広視野紫外線サーベイ衛星計画」谷津 陽一 (東京工業大学)

11:55~ 昼食    
     
13:00~ 超小型宇宙科学・探査ミッション(その3)    
13:00~13:15 「サブ秒角でX線撮像する多重像X線干渉計MIXIM」林田 清 (大阪大学)
13:15~13:30 「超小型衛星による長周期トランジット惑星探査 (LOTUS)」河原 創 (東京大学)
13:30~13:45 「超小型衛星を用いた光速等方性検証ミッションの提案」武田 紘樹 (東京大学)

13:45~ 休憩 
       
13:55~ 基調講演1    
    「超小型衛星による深宇宙探査のこれまでと将来展望」 船瀬 龍 (東京大学)

14:20~ 基調講演2    
     「Expanding Exploration with Planetary Small Spacecraft」John Baker (NASA/JPL)

14:45~ 基調講演3    
    「Spire's Earth Observation Cubesat Constellation」Takayuki Yuasa (Spire Global, Inc.)

15:10~ 休憩    
     
15:25~ Enabling Technology    
15:25~15:40 「打上げ手段としてのISS衛星放出利用と現状」 永崎 将利 (スペースBD)
15:40~15:55 「国際宇宙探査機会を利用した超小型深宇宙探査ミッションの展望」 尾崎 直哉 (JAXA/ISAS)
15:55~16:10 「Development of N2O/HDPE Hybrid Rocket for SmallSat Propulsion」 Landon Kamps (北海道大学)
16:10~16:25 「超小型衛星との相性の良い多用途の推進系(MFMP- PROP)の紹介」 佐原 宏典 (首都大学東京)
16:25~16:40 「超小型衛星を利用した惑星探査における深宇宙通信の技術的課題」 冨木 淳史 (JAXA/ISAS)
16:40~16:55 「カナダInuvik Satellite Stationの全方位フェイズド・アレイ・アンテナ設置計画」 賀谷 信幸 (WaveArrays)
16:55~17:10 「小型衛星の高知覚化と搭載リリースの共有化の提案」 木村 真一 (東京理科大学)
17:10~17:25 「JAXA革新的衛星技術実証2号機に採択された高専連携衛星1号 機(KOSEN-1)について」 今井 一雅 (高知工業高等専門学校)

17:25~ 休憩    
       
17:40~ 「超小型衛星によるミッション実現の考え方・総合討論」五十里 哲 (東京大学)

18:20終了        

18:30~ 交流会(会費制)  



【2日目:3月19日(火)】  

8:30~ 受付    
 
9:00~ 開会の挨拶、趣旨説明:中須賀 真一 (東京大学) 
     
9:02~ 地球観測    
9:02~9:20 「早期軌道上実証への取組と小型SAR衛星の開発」 小畑 俊裕 (東京大学)
9:20~9:38 「AxelGlobeが切り拓く未来」 太田 祥宏 (アクセルスペース)
9:38~9:56 「CE-SAT-Iの運用成果と今後の展開について」 酒匂 信匡 (キヤノン電子)
9:56~10:14 「静止リモセンに向けた超小型衛星群による合成開口望遠鏡」 宮村 典秀 (明星大学)
10:14~10:32 「衛星搭載降雨レーダの小型化へ向けた検討」 高橋 暢宏(名古屋大学)
10:32~10:50 「南極における大気重力波のスーパープレッシャー気球による観測」 斎藤 芳隆 (JAXA/ISAS)

10:50~ 休憩    
       
11:05~ 「超小型衛星市場への参入支援制度」 国澤 朋久 (経済産業省)
       
11:30~ 宇宙へのアクセス    
11:30~11:45 「CubeSatで宇宙利用を加速する - Rapid IODプラットフォーム構想」 平松 崇 (慶應義塾大学)
11:45~12:00 「量産を見据えた超小型”スカイラブ”衛星について」 勝間 亮 (Flight Plan Original)
12:00~12:15 「三井物産×宇宙 ~超小型衛星アプリケーションの実証プラットフォームの提案~」 本田 拓馬 (三井物産)
12:15~12:20 「JAXA革新実証プログラムの紹介」香河 英史 (JAXA)
12:20~ まとめ    

13:00 「タスクフォースの活動について」 祖父江 真一 (JAXA)
    「超小型衛星による地球観測の今後とエコシステムの提案および討論 」 中須賀 真一 (東京大学)

13:00 終了  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※参加、交流会、発表を希望される方はこのページから申し込みください。
※発表希望は、2月22日までに題目と共にお申込いただきますよう、お願いします。
 (こちらの申込フォーム「チケットを申し込む」よりお申込ください。申込フォーム内に、題目等の入力欄がございます。)
 (発表申込の受付は終了しました・3月13日追記)
※発表時間は件数により後ほど決定します。(目安:5~15分程度)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真提供:JAXA
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#418938 2019-03-16 21:59:36
More updates
Mar 18 - Mar 19, 2019
[ Mon ] - [ Tue ]
9:00 AM - 1:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京大学工学部2号館213号室
Tickets
シンポジウム参加申込(無料) FULL
懇親会(有料)+シンポジウム参加申込(無料) SOLD OUT ¥3,500
発表参加の申込(無料)※シンポジウムに発表者として参加の方(申込フォームにて題目等を入力してください) FULL
Venue Address
東京都文京区本郷7丁目3-1 Japan
Organizer
超小型衛星利用シンポジウム
179 Followers